素敵な看護師さん

先日、ある検査で病院を訪れました。

その検査は、人によってはかなり痛いと聞いていたので、かなり緊張して病院へ向かいました。

事前に検査の流れは聞いていたのですが、初めての検査なので次に何をするのだろうとかなりドキドキしていたと思います。

私を担当してくださった看護師さんですが、テキパキと仕事をされているのですがとても和やかな雰囲気にしてくださる方で徐々に不安もなくなっていきました。

処置をする際も、次にどのような処置をするのか、その都度言葉に出してもらえるので心構えができます。寝た状態での検査でしたので、自分の状況がよくわからないですが、大分リラックスして検査に望めました。

検査は、思っていたよりも痛くて本当に大変でしたが、看護師さんは私の様子をきちんと見ていて
くださって、声がけを常にしていただき、検査後も私の状態に合わせて処置をしてくださいました。

今まで、色々な病院でお世話になりましたが、看護師さんの対応で病院の印象がかなり違うのだなと感じました。今回、担当してくださった看護師さんは心遣いがとても素晴らしかったです。

看護師さんという職業は、体力的にも精神的にもとても大変なお仕事だと思います。

そこに行くのは病気を抱えている患者さんであったり、検査の為に不安を抱えて病院にくる方だったり、普通の精神状態とは違った患者さんが来る場所です。

看護師さんにとっては大勢の患者さんの一人かもしれませんが、看護師さんの少しの気遣いで患者さんの精神状態は大きく変わるものだと今回の検査で感じました。

そういえば、産業保健師さんの話を耳にしたことがありますが、社員が保健室に来たとき、産業保健師さんの気遣い1つで仕事に対するモチベーションが変わるのだとか。メンタル的な衛生管理もできる産業保健師の求人は少ないようですが、素敵なお仕事だなぁと思いました。

歯医者の麻酔

歯医者さんでかかせないものは麻酔です・・・・。
麻酔がないと、失神するくらい痛い治療とかになってしまうかもだそうで。
考えただけで怖いです(ー_ー)!!

私も、親不知を抜くとき、ばっちり麻酔をしてもらいました。
麻酔すると、感覚がまったくなくなるので、よだれとかすごいんですが(笑)
でも、麻酔が効かない人もいるみたいです。

歯の炎症・痛みが強い時は、麻酔が効きにくいみたいです。
それに、膿がたまっているときも効きにくいみたいです・・・・。
そんな時は、開いて膿を出すみたいです((+_+))
あとは、下の奥歯も効きにくいみたいですね。
したの奥歯は、周りの骨が固くて密なため、麻酔液が歯の根元に染み込みにくくなるそうです。
なので、他の部分と比べると、麻酔が効きにくい時があるみたいです。
歯医者さんも、こういう麻酔が効きにくい場所は、神経使うみたいですね。

麻酔が効かない時は、麻酔を増やしたり、中断して後日にまわしたりするそうです。
ほんと、大変です。

なので、初期虫歯のうちに治療するのが一番いいみたいですが、なかなかそうもいかないのが現状です。
子供だと、泣いて治療ができなかったりするし、大人も怖くて我慢して放置とか。
歯医者に通う期間が長いとか、お金がかかるとかで、なかなか歯医者さんから遠ざかってしまいます。
でも、麻酔も虫歯もいやなので、私も早く行きたいと思っています・・・・・。
今は、医療が進んでいるので、痛くないという話しも聞きます。
なので、早く親不知を抜きに行きたいと思います。

看護師は老人ホームや保育所でも活躍できる!?

看護師の職場は多岐に渡り、病院だけでなく老人ホームや保育所でも活躍できるお仕事です。今回は、老人ホームと保育所で働く看護師についてご紹介します。

①老人ホームで働く看護師
老人ホームで働く看護師は、利用者さんの生活環境の整備や健康を管理します。基本的に、老人ホームには医師がいないので、利用者さんに異変が起こると、1番頼りにされるのは看護師です。

それだけヤリガイのある仕事と言えますが、重い責任のある仕事とも言えます。利用者さんは高齢者がほとんどなので、死に至ってしまうような深刻な異変が起こったりもします。

その時に、看護師が冷静な判断で敏速に対応することが求められる仕事なので、ある程度の看護師としてのキャリアが必要となります。

看護師としての技術や知識だけでなく、老人ホームでは、利用者さんたちと遊んだり歌を歌ったりする社交性も求められる資質の1つと言えるでしょう。

②保育所で働く看護師

保育所の看護師は、子供たちの健康を守るのが仕事です。子供たちは、うまく言葉で体調不良を知らせることができないので、表情や態度から異変に気付くことが看護師として求められます。

子供たちの表情や態度で異変に気付くためには、日頃から、子供達と触れ合いコミュニケーションがとれていることが大前提となります。

つまり、保育所の看護師は、看護師としての能力だけでは足りず、保育士のように子供達に受け入れてもらうことが必要です。子供達に心を開かせることができなければ、十分な仕事はできないのです。

このように、病院の外での看護師さんの活躍の場が増えています。看護師さんはひっぱりだこな人気職ですが、それなりに悩みも多いのですよね。病院での辛い経験から、老人ホームなどの福祉施設で働くことを希望する人も多いのだとか。

他には、企業で働く看護師さんもいます。企業看護師といって保健室や医務室で働くのですが、産業看護師の求人がレアケースなので人気の1つとなっています。見つけ方や応募の仕方はここでは控えますが、知ってる人は有利に転職活動を進めているんですよ。

男性看護師が転職に成功するコツ

男性看護師は女性の看護師に比べれば、まだまだその数は少ないです。しかし、最近では、男性看護師の数が確実に増加しているのです。病院側からしても、男性看護師を求めているケースが増えているのです。

男性看護師が転職に成功するコツ①

男性看護師が転職に成功するコツは、とにかく自分1人の力で転職活動をしないことです。自分1人の力で可能な転職活動は限られているのです。男性看護師の求人情報を見つけるのも1人でやれば苦労します。

仮に求人を見つけることができても、その求人内容の信憑性や細かい条件の交渉や面接日の調整まで全てを1人でやるのは無理があるのです。まして、現役で福祉系のお仕事をしている方なら尚更です。

1人の転職活動はやめて、すぐに看護師求人を紹介してくれる転職サイトに登録しましょう。転職サイトに登録すれば、求人情報を紹介してくれるし、面接日の調整や待遇や条件の交渉なども代行してくれるのです。

やる気と情熱さえ持っていて、転職サイトの手厚いサポートがあれば、誰でも転職に成功することができるのです。転職サイトを利用する際の費用は一切かからないので、リスクはゼロです。

男性看護師が転職に成功するコツ②

男性看護師が転職に成功するコツは、面接にすべての力を注ぎこむことです。ほとんどの評価の比重は面接であることが多いからです。

つまり、履歴書や職務経歴書などの書類審査よりも面接を重視しているケースが多いので、面接を制覇すれば採用を勝ち取ることができるということです。面接を制覇するためには、十分な面接対策をすることが必須です。

そのためには、転職サイトに登録して、プロのコンサルタントによる面接対策をしておく必要があります。

転職サイトのコンサルタントにお任せすれば、プロのノウハウと知識をフル活用した面接対策や面接のリハーサルまですることができるのです。


看護師求人サイトで転職が決まったら円満退社しよう♪

看護師求人サイトで自分が希望する転職先を見つけ、見事、内定を勝ち取ったら、円満退職をしましょう。ただでさえ、どこの病院でも看護師が不足している昨今では、退職願いを出しても強引に引き止められることが多いのです。

くれぐれも、引き止めてくれる気持ちを無碍にするような失礼な態度はしないでください。少なくとも、あなたが勤めていた病院は、あなたに期待してあなたを採用し、莫大な教育費と福利厚生などの費用をつぎ込んでいるのです。

そんな恩も忘れて喧嘩になるような退職をしてしまえば、そのしっぺ返しは必ず自分にいつか返ってきてしまうのです。

医療業界は広いようで狭い面もあるので、あなたが喧嘩別れのように退職をしたことが悪い噂となり、転職先に伝わってしまう可能性もあるのです。

あくまでも内定をもらっているだけなので、その悪い噂がもとで、内定取り消し・・・なんている最悪のケースも十分に考えられることなのです。

要するに、どんなに不満をもって退職する場合でも、敵をつくることは自分にとって不利益にしかならないということです。

どんなに面倒でも時間がかかっても、お世話になった病院の先輩や同僚や上司が笑顔で見送ってくれるような円満退職をしましょう。そうすることで、あなたの気持ちもスッキリするので次の職場でも気持ちよく働き始めることができます。

円満退職をすれば、新しい病院で悩みや問題が起きても、前の病院の先輩や上司が相談に乗ってくれるという嬉しいケースもあるのです。

このように円満退職をすることで、多くの先輩方と関係性を続けることができれば、あなたを助けてくれる協力者を増やすことができるのです。それこそが、あなたの1番の宝なのです。


看護師の転職活動において、自分を客観的に分析して、どれくらいの市場価値があるのかを知ることは非常に大切なことです。

しかし、自分で自分を分析するのは難しいことです。どうしても、自分で自分を分析すると甘い評価になってしまうのです。甘い評価をつけてしまえば、結局は転職活動に支障が出てしまうのでマイナスになってしまうだけなのです。

では、どうしたら、適正な自己分析ができるようになるのでしょうか?それは、第三者に厳しい評価をしてもらうことです。第三者といっても、まわりを見渡すと、ほとんどの人が家族や友人や先輩しかいないでしょう。

友人や先輩は他人なので、遠慮してしまい厳しい評価をつけてもらうのは難しいでしょう。また、家族は身近すぎて、適正な分析ができないでしょう。

もっとも正確に市場価値がわかる厳しい評価をしてくれるのは、看護師転職サイトのコンサルタントです。看護師転職サイトのコンサルタントはその道のスペシャリストなので、最も正確な分析ができるのです。

コンサルタントは、今までに何人もの転職希望者を分析して、実際に転職に成功させてきているので、どうやったら転職に成功できるのかをすべて熟知しているのです。

そういったプロの観点から、厳しく市場価値を割り出してくれるので、転職希望者は自分の可能性を知ることができるのです。

自分の可能性を理解した上で転職活動をすれば、より現実的に自分が看護師として活躍できる職場を見つけやすくなるのです。


看護師求人サイトに登録して転職が決まると、再就職手当てがもらえる場合があります。転職活動中は無収入なので、誰もがまとまった貯金をためてから退職します。

しかし、いざ退職して無収入状態で転職活動を続けていると、予想以上に出費が多くなり、貯金はすごいスピードでなくなってしまいます。

もし、転職がなかなか決まらずに転職活動が長引いてしまえば、貯蓄がゼロになってしまう危険性もあるのです。そんなことにならないためにも、十分すぎるくらいの貯蓄をしておく必要があるのです。

もし、転職が決まったときに、再就職手当てというお祝い金がもらえるなら、どんなに嬉しいことでしょうか!転職が決まるだけでも嬉しいことなのに、さらに再就職手当てをもらえたら、最高なのです。

では、誰でも転職が決まれば再就職手当てがもらえるのでしょうか?そんなことはありません。再就職手当てをもらうためには、以下の条件をクリアしている必要があります。

再就職手当てが支給される条件

①ハローワーク又は、厚生労働大臣が許可した職業紹介事業者により就職をした人

②就職した日の前日までに失業認定を受け、基本手当ての支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上であること

③1年を越えて継続的に雇用されること

④採用の内定が受給資格決定日以後であること

⑤過去3年間以内に再就職手当て、常用就職支度手当て、早期再就職支援金の支給を受けていないこと

⑥雇用保険の被保険資格を首足していること

⑦再就職手当ての申請後、すぐに退職しないこと


看護師求人情報を探す方法

看護師求人情報を探す方法は様々です。求人情報誌やインターネットにも情報はありますし、ハローワークにいくという手段もあります。

しかし、私が知る限りで1番お勧めな看護師求人情報の探し方は、看護師転職サイトを利用する方法です。なぜなら、転職に成功する可能性を1番高くすることができるからです。

もちろん、自分で求人誌を見たり、インターネットで探したり、ハローワークに行ったりして転職を決めることも可能です。しかし、それだと本当に希望する転職先を見つけるのは難しくなってしまうのです。

なぜなら、1人の力で見つけることができる看護師求人情報には限界があるからです。例えば、求人誌の情報でも、本当の給料や残業時間や有給などは書かれていません。

ほとんどの場合、給料の例も1番良い場合の例が書かれているのです。つまり、実際に転職してみたら、求人誌で書かれていた給料よりもかなり少なく、残業ばかりだった・・・というケースがほとんどなのです。

インターネットも同じで、本当の意味での待遇や仕事条件は書かれていないことが多いのです。つまり、1人きりの転職活動で知ることができる情報には限界があるということです。

ハローワークは担当者がサポートしてくれますが、看護師転職サイトのような手厚いサポートはしてくれません。また、ハローワークにある求人情報は、比較的、給料や安かったり、他の待遇も良くないケースが多いのです。

以上のような理由から、看護師転職サイトを利用して転職活動をするのが1番賢くて得する方法と言えるのです。

看護師転職サイトのコンサルタントは、看護師業界のベテラン経験者であることが多いので、ノウハウや深い知識など、転職に成功するすべての能力を持ち合わせているのです。だから安心して転職活動をお任せすることができるのです。


Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。